パリから日帰りモンサンミッシェル観光ツアーリアルレビュー

スポンサーリンク
フランス

フランスにあるモン・サン・ミシェルは世界を代表する世界遺産の一つだと思います。

この記事では、

・パリからモンサンミッシェルへの一日ツアーの様子
・モンサンミッシェルの観光スポット
・モンサンミッシェルのレストラン

などを、初めてモンサンミッシェルに行く人にもわかりやすく共有しています。

スポンサーリンク

モンサンミッシェルの位置とアクセス

フランスの北部ノルマンディー地方に位置し、パリからバスで片道役4時間です。

モンサンミッシェルは島になっていて、その島内に有名な修道院などがあります。

パリからモンサンミッシェルに行くには、ツアーで行く方法と電車とバスを乗り継いで行く方法がありますが、今回はツアーで行ってみました。

ツアー概要

3月にパリに旅行に行き、日帰りツアーでモンサンミッシェルに行きました。

ツアーには4時間コースと6時間コースがあり、私は長く滞在したかったので6時間コースを選びました。

朝7時半にパリを出発し、途中、トイレ休憩+プチ観光の為にノルマンディー地方の田舎村を訪れ、モンサンミッシェルへ到着です。

そして、夜の7時半くらいにモンサンミッシェルを出発し、サービスエリアでトイレ休憩を取り11時頃にパリに到着しました。

ランチ

島に着いたのはお昼に近かったので、まずは「Les Terrasses De La Baie」というレストランへランチへ。

窓は全てガラス張りになっていて、周りが見渡せてすごく開放的で明るくて気持ちいいです。

モンサンミッシェルでは羊肉と海産物が有名で、ここは牡蠣が食べれるレストランとして有名らしいです。

このレストランは、コース料理で前菜、メイン、デザート、ドリンクは好きなものをチョイス出来ます。
メニューにあるQRコードを読み込むと、日本語のメニューを見ることが出来るのでフランス語が理解出来なくても安心。(ただ、安定のちょっとおかしな日本語)

▼前菜はスモークサーモンを注文

前菜のサラダをは思えないボリューム感。

▼メインはムール貝

▼デザートのクリームブリュレとカフェラテ

ドリンクもしっかりと量があって、このコースで1人約3000円でした。

修道院

修道院へ入れる時間が決まっているため、到着後なるべく早く入ることをおすすめします。結構広く、絶景ポイントもあるので私は1時間半くらい見学していました。

西のテラス

ここは展望台になっていて、モンサンミッシェルからの景色を見ることが出来ます。

向こう岸から真ん中の橋を渡ってモンサンミッシェル島内に入ります。
モンサンミッシェルの入り口周辺

モンサンミッシェル周辺には何もなく、潮の満ち引きによって、違った表情を見ることが出来ます。

修道院付属教会

天井が高く、とても開放的な教会。教会内の壁上部はステンドグラスになっていて、そこから差し込む光がすごく綺麗でした。

この教会は島内のほんの一部です。まだまだ広く見所があります。

回廊

修道院は、茶色と白を基調とした造りになっていて、どちらかと言うと少し暗い印象です。順序を進んでいくと、青空と芝生の緑がとても気持ち良い回廊にたどり着きます。

▲回廊の壁上部には細かい装飾がされています。
食堂

昔はここで食事を取っていたそうです。この内装に長テーブル、思わずハリーポッターを思い出しました。

その他にも貴賓室や礼拝堂などもあり見応えはたっぷりです。

街を散策

島内には、お土産やさんやレストランなどがたくさんあります。

路地もとてもおしゃれでモンサンミッシェル独特の雰囲気があるので、ぷらぷらと町歩きするのもおすすめです。(町歩きと言ってもそんなに広くはないです)

島の入り口近くには「la mere poulard(ラ・メール・プラール)」と言うふわふわオムレツが有名なお店があります。
店の前を通ると卵をボウルの中でかき混ぜるとてもリズミカルな音がします。人気なだけあって、店内はもちろん、その音を聞いた人たちが店の前に集まっていました。

その後は、島内1細い路地を探したり、可愛い看板の写真を撮ったり、地図を持たずに散策するのも楽しかったです。

▲島内で1番細い路地。人1人入れるくらいです。

島内にあるほとんどのお店は5時くらいになると店じまいを始めます。お目当てのお店や買いたい物がある人は閉店時間に注意してください。

ディナー

3月の上旬は、この時間になると寒かったので少し早めに夕食を食べました。

ツアーのプランで3つのレストランから選ぶことが出来て、私は、「AUBERGE SAINT PIERRE」と言うレストランに行きました。

石作りでとても暖かい雰囲気のある店内です。

ここのコース料理は名物のりんごのシードル、サラダ、メインに名物の子羊肉のソテーをチョイスしました。

▲りんごのシードル
▲子羊肉のソテー

りんごのシードルはアルコールがそんなに強くなく飲みやすかったし、お肉も柔らかく、とても美味しかったです。

刻々と変わるモンサンミッシェル 

ツアーの集合時間が7時半だったのですが、島の反対側からモンサンミッシェルを見たかったので少し早めに集合場所である島の反対側へ。

刻々を移り変わる素敵なモンサンミッシェルの姿を見ることが出来ました。

▲まだ明るい時間帯のモンサンミッシェル
▲日没直後のモンサンミッシェル
▲夜のモンサンミッシェル

どのモンサンミッシェル の姿もとても幻想的で、この時期にこの景色を見れるのは6時間滞在だからこその特典です。

その後はトイレ休憩を途中に挟み、4時間かけパリに戻りました。

まとめ

・3月上旬はまだまだ寒い。(東京の冬の気候と同じくらいでした)
・6時間滞在ツアーだと正直やることがなくなったが、刻々と変わるモンサンミッシェルを見れるのは大きな特典でした。
・海産物と子羊がとオムレツが有名
・修道院は閉館時間が早いので、早めに行くことをおすすめします。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
この情報が少しでも役立てば嬉しいです。

コメント